欧州発の「激震」に備えよ、超円高で勝ち残るファンドとは?

2012-06-18

円高が進む中、為替ヘッジありのファンドは足元で強み

 2012年年初は好調だった日本株も、4月、5月と下落基調を強めており、5月にTOPIXは年初来安値を下回り、6月には2009年3月のバブル経済崩壊後の取引中の最安値を下回りました。この下落の背景には、欧州諸国の政局混迷やギリシャのユーロ脱退懸念、そしてスペインの債務問題などによるリスク回避の動きがありますが、日本株に対する影響としては足元で進んだ円高の影響が大きいと考えられます。

 リスク回避の動きは、株式やREIT(不動産投資信託)、新興国資産といった比較的リスクの高い資産の下落につながり、特に海外資産に投資する場合には、円高も加わり、大きなマイナスの影響となります。

図表1:過去5年間の主要カテゴリー別のトータルリターン平均(年率)

図表1:過去5年間の主要カテゴリー別のトータルリターン平均(年率)

 モーニングスターカテゴリー(モーニングスターインデックスベース)ごとの、2012年5月末までの過去5年間のトータルリターン(年率、モーニングスターインデックスベース)の平均をみると、主要なカテゴリーでは、海外債券に投資し、為替ヘッジを行うファンドが上位となる一方で、海外資産に投資し為替ヘッジを行わないファンドや国内株式型のファンドの大幅な下落が目立ちます。

 また、同じ資産に投資するファンドでも、為替ヘッジあり、為替ヘッジなしで大きな差が生じることから、円高が進む場面では、為替ヘッジありのファンドに注目することが重要でしょう。

円高、そしてリスク・オフの相場展開では、為替ヘッジありの戦略も検討も

 過去5年間の外国為替市場の推移をみますと、主要通貨に対しては、一貫して円高が続いていたことがわかります。こうした状況は為替ヘッジを行うファンドにとっては優位となりました(図表2)。一方、過去の円高が進んだ局面を振り返ってみると、足元の状況と同様に円高が進むと同時にリスク回避の動きが強まったことも相まって、(1)為替ヘッジあり、(2)国内債券などの比較的リスクの低い資産が、比較的良好なパフォーマンスとなっていました。

 過去のパフォーマンスではあるものの、為替ヘッジありのファンドは過去のリスク回避、円高局面で堅調なパフォーマンスを保つと同時に、リスク選好の場面でも一定のパフォーマンスを獲得してきました。為替の先行きを予想することは大変難しいことですが、米国と日本の利上げが当面難しく、日米の金利差の拡大が見込みにくいこと、欧州債務問題が長引く様相を示していることなどを考えると、折に触れてリスク回避の円高が進む局面は続きそうです。

図表2:過去5年間の外国為替(ドル円、ユーロ円)、
「野村 新興国債券投信Aコース(毎月分配型)」などの推移

図表2:過去5年間の外国為替(ドル円、ユーロ円)、「野村 新興国債券投信Aコース(毎月分配型)」などの推移

 図表2は、代表的な為替ヘッジありのファンドの一つである「野村 新興国債券投信Aコース(毎月分配型)」の2007年5月末を100とした分配金(税引き前)再投資後の基準価額の推移を示したものです。そして、同期間の同じく2007年5月末を100としたドル円、ユーロ円の推移も示しています。また、「野村 新興国債券投信Aコース(毎月分配型)」と同じマザーファンドに投資し、為替ヘッジを行わない「野村 新興国債券投信Bース(毎月分配型)」の分配金(税引き前)再投資後の基準価額の推移も示しています。

 「野村 新興国債券投信Aコース(毎月分配型)」は2008年のリーマン・ショックによる急落を除いては、堅調なパフォーマンスを保ちました。過去の為替ヘッジありのファンドのパフォーマンスを考えると、円高などの「リスク」を回避しつつ、海外資産に投資する手段として、「為替ヘッジあり」のファンドを検討してみるのも良いかもしれません。

図3:代表的な為替ヘッジありのファンド(純資産額上位)

ファンド名 委託会社 純資産額
(百万円)
信託報酬
など
(税込み)
トータル
リターン
(年率)
標準偏差
(年率)
1年 3年 1年 3年
野村 新興国債券投信Aコース(毎月分配型) 野村 116,689 1.70 6.81% 10.45% 7.32% 6.13%
DWSグローバル公益債券F(毎月)Aコース ドイチェ 67,795 1.61 5.95% 6.94% 2.88% 4.10%
エマージング・ソブリン(毎月決算型)ヘッジ 国際 37,743 1.65 6.12% 11.92% 7.24% 6.35%
コーポレート・ボンド・インカム(ヘッジ) 三井住友 36,951 1.04 8.35% 7.37% 3.25% 4.14%
DIAM 新興国ソブリン通貨選択S<円> DIAM 36,527 1.62 5.42%   6.38%  

出所:モーニングスター作成
2012年5月末時点

この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、当社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、本情報提供者は一切の責任を負いません。 本画面、資料に掲載されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての意思決定・最終判断はお客様ご自身の裁量でお願いいたします。著作権等の知的所有権その他一切の権利はイー・アドバイザー株式会社に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。