「新興国ファンド・レポートツアー第五弾」農業大国としても注目されるロシア株の復活はいつ?

2012-08-24

 ロシア・東欧株ファンドの低迷が続いています。モーニングスターカテゴリー「国際株式・ロシア(ヘッジなし)」に属するファンドは、月次の純資金流出入額でみると、2012年7月末まで14ヵ月連続の純資金流出となりました。また、月末の純資産額は、ピーク時の2008年6月には800億円を超えていたものの、直近では200億円程度の推移が続いています。こうした背景にあるのが、足元でのロシア株の低迷です。主要な新興国株式市場の年初来のリターンをみると、東南アジアを中心としたアジア諸国の堅調さが目立つため、投資家の資金はそうした地域に向かいやすくなっています(図表1参照)。

図表1 主な新興国株価指数の年初来リターン(2012年7月末時点)

図表1 主な新興国株価指数の年初来リターン(2012年7月末時点)

 では、なぜ、ロシア株の低迷が続いているのでしょうか。一つ目の理由としては、資源価格の低迷があげられます。ロシアは、日本の約45倍の国土を有しており、様々な資源に恵まれています。例えば、石油の生産量では世界第1位(2010年)、天然ガスでも同第2位(同)となっています。そのため、資源価格が堅調に推移している時は、株式市場も概ね同様な値動きとなる傾向があり、特に原油先物価格と株価の連動性が高くなっています(図2参照)。2012年は原油先物価格が概ね90ドル台から100ドル台のレンジ内での推移しており、株価の上値を重くしています。二つ目の理由としては、欧州経済の低迷があげられます。欧州経済は債務危機を受けて長期に渡る低迷が懸念されていますが、ロシアの2011年の国(地域)別輸出比率の上位をみると、オランダが12.1%、中国が6.8%、ドイツが6.6%、イタリアが6.3%などとなっており、地理的に近い欧州への比率が高くなっているためです。

図表2 ロシア株と原油先物価格の推移

図表2 ロシア株と原油先物価格の推移

 こうした点からすると、ロシア株の低迷は当面は続くとの見方もできそうです。IMF(国際通貨基金)の経済成長率予測では、2012年はロシアの4.0%に対して、中国が8.2%、インドが6.9%、インドネシアが6.1%など、アジア諸国のほうが総じて高くなっており、新興国への投資では投資家は短期的には成長率の高さを重視する傾向があるためです。一方で、長期的な視点に立った持続的な成長という面に着目すれば、ロシアは他国に見劣りしない、との見方もあります。ロシアでは、パイプラインや鉄道などのインフラ整備に注力していくことに加え、2018年にはサッカーのワールドカップの開催が控えており、2013年以降も4%前後の成長が続くと見られているためです。ちなみに、この4%という水準は、2014年にはサッカーのワールドカップ、2016年には夏季オリンピックの開催が控えている、ブラジルと概ね同水準となっています。また、ロシアの代表的な株価指数であるRTS指数の予想PERは5倍前後、PBRは0.8倍前後にとどまっており、他の新興国に比べても割安感が強い水準にとどまっています。

 北米の記録的な干ばつを受けて、大豆、小麦、とうもろこしなどの穀物価格が急騰していることも、ロシアへの注目を集める一因となるかもしれません。2012/2013年度における小麦輸出量の国(地域)別比率では、ロシアは世界第4位が見込まれているほか、大麦の生産量ではEU(欧州連合)に次ぐ第2位となるなど、農業大国としての一面を有しているからです。また、ロシア・東欧関連ファンドの中には、中長期のパフォーマンスが相対的に優れているファンドが多い点も注目されます。モーニングスターカテゴリー「国際株式・ロシア(ヘッジなし・あり)」、「国際株式・中国(同)」、「国際株式・ブラジル(同)」、「国際株式・インド(同)」に属するファンドについて、2012年7月末までの過去3年間のトータルリターンランキングでみると、第7位までを「国際株式・ロシア(ヘッジなし)」に属するファンドが独占しています。

図表3 主なロシア・東欧関連株ファンド(2012年7月末時点)

ファンド名 委託会社名 純資産額 トータルリターン
(百万円) 1年 3年(年率)
三井住友・ロシア株式オープン 三井住友 775 -23.51% 5.66%
DIAM ロシア株式ファンド DIAM 797 -26.98% 5.32%
DWSロシア株式ファンド ドイチェ 2,149 -29.32% 3.73%
新生・トロイカロシアファンド 新生 1,425 -31.00% 2.86%
DWSロシア・欧州新興国株投信 ドイチェ 13,469 -22.39% 1.27%
HSBC ロシアオープン HSBC 11,797 -30.35% 1.14%
東欧・ロシア株式ファンド 三菱UFJ 2,485 -24.54% -5.53%

(出所)モーニングスター作成

この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、当社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、本情報提供者は一切の責任を負いません。 本画面、資料に掲載されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての意思決定・最終判断はお客様ご自身の裁量でお願いいたします。著作権等の知的所有権その他一切の権利はイー・アドバイザー株式会社に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。